2017/3/5 出張寿司会「4/12春の釣りもの桜タイ贅沢コース」料理試作会

3/22から4/12水曜日に変更になった「春の釣りもの桜タイ贅沢コース」の試食会を行いました。

会場は、またもや日本大学水産で同じ研究室だったM君のご実家!です。

M君は仕事終わり、私は釣り終りに集まって始まりました。

今回は、養殖の朝まで生きていたマダイをM君ルートで築地から取ってもらいました。

そのタイを大方、M君が仕事の合間に鱗取りから、おろしまでやってくれました。

 

「春の釣り物桜タイ贅沢コース」は全8品の予定です。

今日は、メインとなる

・刺し盛

・寿司

・骨煮(頭を出汁で煮たもの)

・椀もの

・しめ

の試食会です。

M君の職場の方が、イサキを釣ってきてくれたそうで、イサキも入ってます。

 

タイ刺し盛

10点盛で五人前です。

M君のご実家の庭になっていたゆず、せんりょう、はらん(笹に似ていて、バランもモデル)も頂きました。

タイイサキ握り 握り4種の食べ比べとイサキです。

 

タイの骨煮

こちらが骨煮です。

私も初めて食べたのですが、船場吉兆の職人さんが「タイと言えば骨煮」といった意味がよくわかりました。

お楽しみに!!!((笑))

タイの椀もの

タイのお椀です。

タイと昆布と塩だけです。

タイ出汁茶漬け

タイの出汁茶漬けです。

酢飯の茶漬けは出汁とよく合います。

タイの会

あと、数品加えて完成になります。

タイは本当に美味しい魚だという事を再認識しました。

M君のお母様の話ですと、縄文時代から日本人はタイと食べていたそうです。

4/12水曜日 寿司会「春の釣りもの桜タイ贅沢コース」お楽しみに!!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です