うちの宅配寿司ではガリを売っていました。回転寿司・出張寿司

寿司屋をやっているとわかりますが、ガリが好きな人は結構多いです。

回転寿司の時はお客さんから、「すいません~ガリ無いんですけど?」と良く声がかかりますし、宅配寿司の時は電話で「ガリ多めでお願いします」って、よく言われてました。

勤めていた回転寿司はチェーン店でしたので、自分で変える事は出来ませんでしたが、宅配寿司の時はあまりにガリ好きな方が多いので、思い切ってガリを変えました。

IMG_1516

 

なぜ、どこのお店でもガリはタダなの?

答えは安いから。

最初、私の宅配寿司店でも、業者さんから普通のガリを買ってました。

1kg…300円(中国産)

こんな値段です。1kgのガリは結構、量があります。

だからタダなのか~。

当然、お店はガリの値段も考慮して、原価計算していますので、本当はタダではなく、お寿司の値段に含まれているんです。

同じくタダのお茶や醤油などもそうですね。

ちなみに、ガリは中国産かタイ産か国産です。

値段は、安い順に 中国産<タイ産<国産 です。

 

うちの宅配寿司はガリを売っていました。

寿司屋だけの話ではありませんが、たくさんあって、長持ちして、作るのが楽な商品の価格は、間違いなく安いと思います。

寿司屋の扱うもので、これに当てはまるのが「ガリ」でした。

う~ん、怪しい!と、思ってガリについて調べてみると、残念なことが多くわかりました。

知らなくて恥ずかしい事が多く出ていました。

なので、自分でガリを作ることにしました。

手はかかりますが難しくありませんし、一度作ると長持ちするのは手作りでも変わりません。

自分で作る以上の安心はありませんし、お子さんからの注文も多く頂いてました。

 

IMG_0575

こんなお手紙も。

私の下の子供も5歳でした。

 

調べてみると、生姜は高知県産がほとんどでした。

早速注文しました。

IMG_1244

 

皮をむきます。

当たり前ですね。

じゃがいもではありません。

 

IMG_1245

 

そして、千切りにしていきます。

塩を振って15分置きます。

それを一度、沸騰したお湯の中に1分ほど入れます。

そしてざるあげします。

 

IMG_1246

 

冷ましてから、ぎゅーっと手で絞ります。

水で洗ってはいけません。

酢100cc:砂糖50g:塩少々の中に入れます。

私は、生姜の辛さが好きなので、少し辛目の味付けにしました。

 

IMG_1247

完成です。

生姜のピンクのところが入っているとピンクになってきます。

こうやって、完成したガリは、通常の量はいつも入れていましたが、余分に欲しいという方には、販売をしていました。(がめつい?)

とびうおのガリは、好評でした。

出張寿司 とびうおも勿論、自家製ガリです。

 

※ひとつお知らせですが、この出張寿司 とびうおのコラムでは食品添加物等については、取りあげません。きりがないので。

 

ビシっと辛いガリが気になるな~という方は、まずはお問い合わせからどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です