2018/7/1 霧の中のスルメイカ釣り また、13杯(^^;;沖干し 出張寿司職人

2018/7/1 神奈川県鎌倉市腰越港の森建丸さんから、スルメイカ釣りに行きました。

私は、いつも森建丸さんに乗る前には、当日の朝、乗れるかどうか電話で確認します。

今朝も「乗れますか??」と電話すると「乗れるには乗れるけど。。。。」

「あれ?大丈夫ですか?」と聞くと「うん、大丈夫だよ」ということでしたので港に向かいました。

途中で分かりました(汗)

「霧」です。

134号線に着くと、海の中は霧で見えません・・・(汗)

5時半に受付けをすませて、船で仕度をして霧が晴れるのを待ちました。

霧

6時10分には霧も晴れてきて、出港です。

江ノ島のすぐ脇を通りますが、キャンドルは霧の中です。

 

霧

 

沖ではまだ霧は残っていましたが、90分ほど走り、7時半に城ヶ島沖に到着しました。

 

今日の目的は、初めて直結仕掛けを12本に増やし、14日の寿司会用に沖干しを作る事です。

おもり150号で水深は120m程です。

早速、仕掛けを投げますが当たりは無く、下の潮も早く釣り難い感じです。

その後もちょこちょこ移動しますが、当たりがありません。

8時半に待望の1杯目が上がりました。

スルメイカ

 

早速、沖干しにしました。

 

 

沖干し

 

一杯では淋しいですね(^_^;)

その後は、一杯づつ釣れては手前でお祭りしたりしながら、数は増えますが

伸びません…….。

天気は良くなり周りにも船が集まりますが、各船の釣果も似たり寄ったりです。

スルメイカ沖干し

 

11時になっても8杯です(⌒-⌒; )

このままでは、14日の寿司会ではお一人様足一本になりかねません!

 

しかし、1杯釣るのにも苦労する状況は全く変わらず、元気な群れにも出会えずに、

 

スルメイカ

 

とってもいい天気で、日焼け止めを忘れて、私はドンドン焼かれていき、12時半には

13杯で終わりました(涙)

ここのところ、20杯も釣れない釣行が続きます…(⌒-⌒; )

沖干しは12杯と

沖干し

スルメイカ

 

最後に釣れた一杯です。

 

トップはいつもの名人でしたが、その名人でも15杯でしたので、低調な1日でした。

慣れない12本ヅノと風に苦戦して、仕掛けを直すのに時間を取られることもありましたが、懲りずに12本を練習したいと思います。

日焼け止めは忘れないようにしましょう!

 

7/14日の寿司会用の釣り魚の買取りも行なっております❗️

7/4から7/11に釣り行く釣り師の方はご連絡ください‼️

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください