2017/2/1 釣り小鯵の可能性~アジ料理を教わる~ 

2017/02/01 出張寿司とびうおのコラムでは、もうおなじみの私の日本大学水産で同じ研究室だったM君。

また、ご実家にお邪魔してM君のアジ料理を教えてもらいました。(ご馳走になっただけ??)

しかも2日も!!!

M君は、大学を出て大手魚屋に就職。

魚屋時代は、1日にアジ400匹、イワシ400匹、マダイ数十枚….。

寿司屋と違って魚の量がケタ違いです(汗)

ですので、先日の釣ったアジをその日にM君に持って行きました。

あっという間に、綺麗なものです。

もろくん家

 

もろくん家

 

今の大手持ち帰りすしでも、商品開発もやっていました。

アジ料理のレパートリーも多く持っていますし、試行錯誤の数も多いです。

カサゴもこんなかんじです。

もろくん家

 

目的はアジの美味しさの可能性を探る

2017/1/29 釣った当日のアジのなめろうと寿司

味噌がとても多くて、釣った当日のアジに足りない旨みとまろやかさが加わり、とても美味しかったです。

寿司も小アジの大きさがちょうど良くて、美味しかったです。

アジ料理

大きなアジは刺身にしてくれました。

ちなみに、この目を引くお皿、人間国宝の方の作品だそうです(汗)

(白身はカサゴの刺身です)

アジ刺身

 

そのほかは、Mくんのお母様が作ってくださいました。

これまたとても美味しかったです。

ありがとうございました。

もろくんの家

 

ここからは、2017/02/01

もろくん家

アジの酢〆、アジの巻き寿司、イワシの細巻き、アジの裏巻きです。

酢〆は予想をはるかに超えた美味しさでした。

裏巻きの綺麗で美味しいです。

今後、出張寿司の時はこの「アジの裏巻き」はメニューに加えさせてもらいます((笑))

 

 

こちらは、アジの昆布〆です。

アジの刺身を超えていきました!

アジの昆布〆

 

アジの南蛮漬けです。

南蛮漬け

 

そして、絶品アジフライです。

M君がホテルのシェフから学んだその味は、まさに絶品です。

M君のお母様をして「美味しい、何枚でも食べられる」でした。

アジフライ

 

こちらもM君の料理です。
もろくん家

ローストビーフ

もろ君家

アジフライ・なめろう・酢〆・昆布〆・裏巻き!!!

驚きの数々でした!

私は、アジを釣っている時は、「こんな小さいアジかぁ~」とがっかりしてました。

船長にも「今は、こんなに小さいんですか??」と言ってました(汗)

アジさん、すいませんでした。

M君ありがとうござました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です