2017/1/14 釣り魚買取り6.0kgマダイ、6.0kgヒラマサ、3.2kgヒラマサ

2017/1/9に福岡の船長が釣りあげたマダイとヒラマサを買取りました。

目的は、①魚種ごとに、刺身以外の旨い食べ方を探すこと。

②塩をして吸水シートに巻いて冷蔵庫で、どう変化するのか?ということです。

 

その前に、こんな大きなマダイ始めてみました(汗)

 

マダイ6kg

 

6kgのマダイです。

マダイ6kg

 

 

すぐに日本大学水産で同じ研究室だったM君に自宅に来てもらい、早速捌いてもらいました。

M君は魚屋時代にマダイは相当数捌いたそうで、目だけをさわり2kg程のマダイなら1分かからずおろしてしまいます。

魚屋さん流のおろし方を教えてもらいました。

目利きも教えてもらいました。

まだまだ、知らない事が多いですね(汗)

うろことり

あっという間に….こうなって

マダイ6kg

こうなります。

マダイの頭

こんな大きな頭もあっという間に…。

パカッと!!

頭割

このマダイは何歳なんだろう?という話から、耳石を探そう!などと大学時代の話で盛り上がっているうちに、三枚おろしになりました汗

お見事です!!

マダイは慣れないうちは、手を怪我する確率の高い魚ですが、ここにこう包丁を入れるとやりやすい!この角度にこの部分は骨が入っている!と動画に撮りながら説明してくれました。

マダイは、身の色が少し白っぽくなっているのが気になりました。

 

続いて、ヒラマサです。

ヒラマサ

ちょうど6kgです。

 

ヒラマサ6kg

もう1匹は3.2kg弱です。

ヒラマサ3.2kg

ヒラマサ

こちらもあっという間に…..

ヒラマサ

 

あっという間に…..こうなります(笑)

奥がヒラマサで手前がマダイです。

 

マダイとヒラマサ

刺身ではマダイよりもヒラマサの美味しさが勝ちました(笑)

マダイは、そのまま醤油焼き・タイ飯、ヒラマサは、1週間後の熟成刺身・カルパッチョにする予定です。

お楽しみに~(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です