2016/12/9 一流店を知るために「 鮨わたなべ 」新宿区荒木町

2016/12/9金曜日 新宿区荒木町にあります「鮨わたなべ」に伺いました。

もちろん、出張寿司ではありません。

2、3年前からある会合で知り合った同じ昭和48年生まれの病院の院長と、「40歳になったら、本物の寿司屋を知っておくべきだ」と言うことで、1年に3回くらい都内の超有名店をまわっています。

今回は、院長が「四谷三丁目付近にいいお店がたくさんあるらしい」ということで、調べてみたところ、白木のカウンターがとても美しい「鮨わたなべ」に行くことになりました。

大通りからすぐのところにお店はありました。

鮨 わたなべ

 

看板

お店に入ると目の前にカウンターがあります。

席は7席だけですが、大きな男性でもゆったり座れるように7席にしたそうです。

大きめの背もたれのある椅子で、隣の大きな男性でも十分座れてました笑

ご主人から客席までのとても近い、良いお店です。

白木のカウンターがとても綺麗です。

鮨わたなべ

 

メニューはお任せで、最初は食べ比べ式?で何品か出していただき、その後握りが出てきます。

※今回は写真がメインです。すぐに食べてしまって、撮り忘れているものが幾つかあります。

ご主人は、我々と同じ昭和48年生まれで、最初京都の料亭で修行されたそうです。

その経験が寿司だけではない料理の幅になって、素晴らしい内容でした。

荒木町にお店を出した理由、独立した時の話など、ご主人はお話してくださいました。

 

これまで行ったお店の中でも、とても温かいお店でした。

ご主人との距離感なのか?お人柄なのか?蛍光灯なのか?料理の味なのか?

とてもいい雰囲気のお店でした。

味はもちろん素晴らしいです。

私などがごちゃごちゃ言うよりも写真を見てください。

<ボタンエビ>上の写真のセコガニとの食べ比べ

ボタンエビ

 

<岡山のタコと青森のエゾアワビ>

岡山のタコ

エゾアワビ

 

<トラフグの白子>

フグの白子

 

<マナガツオの西京焼き>

マナガツオの西京焼き

 

<ノドグロの燻製焼き>

ノドグロの燻製焼き

 

<忘れました….>

???

 

<ガリ>がり

 

 

<カワハギ、肝も一緒に握ってあります>カワハギ

 

 

<漬けマグロ>マグロ

 

<赤貝>

赤貝

 

<コハダ>

コハダ

 

<イクラ>

いくら

 

<ウニ>ウニ

 

<何かの白だし>

しろだし

 

<アナゴ>

アナゴ

 

<玉子>

玉子

 

もっともっと出てきましたが、出てきた瞬間に食べたものが多くて……。

是非、もう一度伺いたいお店です。

皆さんも、お勧めのお店があると思います。

教えて下さい。

 

 

 

 

 

 

2016/12/9 一流店を知るために「 鮨わたなべ 」新宿区荒木町” に対して 2 件のコメントがあります

  1. Michel kim より:

    おいくらでしたか?

    1. とびうお より:

      二人で44000円でした。一緒に行った医院長はお酒を数杯飲んでました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です