2016/12/28 釣り魚買取り ブリ、ヒラマサ6本福岡

2016/12/28福岡から、ブリ、ヒラマサが届きました。

これは、私の15年前からの知り合いから、「正月用のブリが欲しい」と電話があり、とびうお会員に登録されている、福岡のプロ釣りHさんに連絡したところ、「お安い御用だ!」とのことで買い取りさせて頂きました。

福岡のHさんは、遊漁船の船長をされていますので、プロ中のプロ。

この日の釣果の写真を送って頂きました。

オオモンハタでも40cmあります。

福岡から

このうちの6本を送っていただきました。

オオモンハタも1匹送ってくださいました。

届いた次の日の朝、早速M君に着て頂きました。

ブリ?ヒラマサ?

ブリか?ヒラ?

ブリ?ヒラ?

素早い手つきで、ばっさばっさとおろしてくれました。

魚について話をしながら、魚屋流のおろし方を教えてもらいました。

私にとって、とても楽しい時間です。

ブリ?ヒラマサ?

4本は都内、大和、横浜、藤沢にお届けしました。

残りの2本は、煮物用、焼き魚、昆布〆用にしました。

魚の調理法は大きく分けて3種類です。

①刺身

②煮魚

③焼き魚

 

これまでは、①刺身>②煮魚・③焼き魚の順位ではないでしょうか?

買ったり、お店で食べる時の価格もこの順位だと思います。

それは鮮度にも比例して、一番鮮度が良い魚は①刺身。

刺身で食べれなくなると、②煮魚か③焼き魚にするのが、通常の料理法ですね。

 

目的は、釣り活け〆血抜きの魚で一番美味しい料理法を知ること

鮮度が同じ魚だと、どんな料理方法・食べ方が美味しいのでしょうか?

前回のタチウオの唐揚げは衝撃でした!

魚の種類ごとに、美味しい料理法・食べ方・保存の仕方をもっと探していきます。

 

 

大きさも2種類に分けてくれました。

ブリ切り身

ブリ切り身

 

塩麹をいれたもの、入れないものなど3種類焼き魚用を作りました。

西京漬け

これを冷凍庫で保存して年明けに食べてみたいと思います。

※煮魚の写真は撮り忘れました(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です