1人前2200円vs1人前1500円売れたのはどちらか?宅配寿司・出張寿司

さて今日は、私が一番最初に宅配寿司をはじめた時の話です。

チラシ+ポスティングで事業を始める方の一つの事例になればと思います。

宅配寿司を始めると決めた私は、すぐに始めたくなりプレオープンという形で、小さいエリアですが、もっとも売れるといわれている年末年始の期間、まずは営業してみる事にしました。

 

結論:年末年始の5日間は売れる事がわかった→のこりの360日はわからなかった。

 

陣容は、私と回転寿司の時のパートの方たちです。

ザ・素人軍団。

まず、電話の取り方からみんなで練習しました。

パートの方たちは寿司は作れるので、私は主に配達をしました。

場所は、神奈川県大和市です。

期間は12/21~1/10の3週間です。

配達エリアは11000世帯にしぼりました。

だれも配達した事がなかったので、無理のないように絞りました。

チラシはその11000世帯に12/21と12/27の2回、ポスティング業者さんに依頼しまいてもらいました。

寿司の種類「特上」と「上」の2種類のみにしました。

種類がたくさんあっても、全員宅配寿司は初めてなので混乱するからです。

まいたチラシはこちらです。

IMG_0540

チラシを作った事のある方ならわかると思いますが、チラシ作りにはひじょ~に多くのポイントがあります。

そんなことはまったく知らずに作りました。

チラシ・ポスティングの話は、また別の機会にゆっくりと。

 

IMG_0535

2種類というのは、右のページの「特上」と「上」です。

 

さて、どちらがどれだけ売れたでしょうか?

結果は

「特上」一人前2200円 ……185人前 (34%) →  525000円

「上」 一人前1500円 ……350人前 (66%) →  407000円

3分の1が2200円の特上。

3分の2が1500円の上という結果になりました。

で?という非常にわかりにくい結果です。

 

3週間の注文総件数は126件(世帯)

平均4.2人前を1本の電話で注文頂いた計算になります。

ポスティングの反応率…..0.57%

 

宅配寿司では、正月は売れるお店は、一日の売り上げが300万円にもなります。

横浜市には、1/1~1/3で800万円売るお店もあります。

ですので、これがいい結果なのか悪い結果なのか正直解りませんでした。

プレオープンといっても今後、本格オープンするために機材やバイクなどは揃えましたし、最初はチラシもロゴもデザインからなので割高になります。

 

ですので、もう一度….

結論:年末年始の五日間は売れる事はわかった→残りの360日はわからなかった。

 

もっと詳しい内容の知りたい方は、お問い合わせからどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です