「本当に旨い魚を食べたければ釣りをしないと無理ですよ」(イカ師匠)

 

ある日、イカ師匠が私に言いました。

「美味しい魚を食べるにはどうすればいいか、知ってますか?」と。

 

「本当に旨い魚を食べたければ、釣らない限り無理ですよ!」(イカ師匠)

そのイカ師匠は、自分が釣ってきたイカを釣ったその日に食べさせてくれました。

 

IMG_1559

そこで食べたイカは、「これがイカか?」と思うくらい、絶品でした。

弟子(私):「イカ師匠、これは何というイカですか?」

イカ師匠:「ヤリイカですよ」

弟子(私)「え?私が寿司屋で握っていたヤリイカですか?味がまったく違います」

イカ師匠:「釣りたてだからですよ。」

弟子(私):「……….」

 

凄い魚を持っている人達

漁師さん以外で、凄い魚を持っている人達は…..釣り師です!

そっか…釣り師か…。

私のお店のコンセプトが決まった瞬間でした。

今から14年程前です。

それ以来、一番味に違いがでるイカにはこだわっています。

 

 

IMG_1454

 

↑これは私の釣ったカワハギです。

プロの釣りから魚を買い取る

IMG_1513

↑大原から釣ってきたヒラメ名人から届いたヒラメ。

 

 

 

IMG_1506

↑シーズンになると毎週のように、アオリイカ名人からアオリイカが届きました。

 

魚買い取りの意味

魚を買い取らせていただく意味は2つあります。

 

①最高の状態の魚を仕入れること。

以前の宅配寿司から買い取らせて頂く魚にはルールを設けています。

1匹、1匹、丁寧に血抜きをし、活け〆に出来るのは釣った本人だけです。

漁師さんは、たくさん獲れるとそんな事やっている時間がありません。

 

②釣り人→釣り舟+釣具店にお金が回る仕組みを作ること。

釣りは釣る、食べる、だけではなく、色んな自然のルールや未知な分野に取り組むことなど学ぶべき点が多いので、釣り愛好家は実はとても多いのです。

この魚買い取りの仕組みがもっと認知されれば、釣りたての美味しい魚を口にする機会がふえて、魚に対する認識も変わり、面倒でももっと魚を食べる人が増えてくると思います。

そうするとじり貧の漁業にも、明るい話題が増えるのではないか??

水産業に少しだけ恩返しが出来るのではないか??

そんな風に考えています。

 

ほかにも水産業復活に向けてのアイデアをお持ちの方は、お問合わせから教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です