「(イカ)師匠にとって、釣りってなんですか?」

私にイカ釣りを教えてくださったイカ師匠。

イカ師匠は、当時私の勤めていた横浜の外資系金融機関の支社長で、元キックボクサーの日本ランキングに入ったこともあるとか?

イカ師匠が以前、働いていた金融機関では伝説的な営業成績を作っていたとか?

釣りたてのイカを御馳走になり、釣りの奥深さとさらなる楽しみを教えてくれたイカ師匠に、聞いてみました。

「釣りってなんですか?」

あまりに漠然とした質問をしたのは、想定外のイカ師匠ならではの答えを期待したからです。

「生きるって何ですかね?」「仕事って何ですかね?」と聞いているようなものですが、当時30歳、釣り歴も25年になっていた私は、思い切って聞いてみました。

 

その答えは……?

 

「釣りとは、道具です!」

IMG_1274

 

え?

さすが師匠、規格外です。

い、意味を教えてください(汗)

「魚のシグナルをとらえたり、伝えるのは道具です。高い道具はやっぱり伝わってくる情報が多いです。なので、やっぱり良く釣れます。今まで。100万以上、釣り道具に使ってきてますので、間違いないです」

あの当時は「師匠、釣り具メーカーの営業みたいですね?」と半信半疑でしたが、今はわかります。

ロマンだけを追い続け、釣れないのを決して道具のせいに出来ないように、一番良い竿を買うようになりました。(笑)

後は鍛錬なるのみです。

これからも宜しくお願いします。

 

IMG_1377

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です